リレンザは服用しても異常行動は出ないのか

リレンザは吸入するタイプの抗インフルエンザ薬です。
インフルエンザウイルスは主に喉や鼻の粘膜につき増殖していきますが、リレンザは吸入薬なので、直接粘膜に薬剤が届き、すぐにウイルスの増殖を抑えることができます。
リレンザももともとの成分はタミフルと同じです。
ですが、タミフルに比べ副作用が少なく、耐性ウイルスもまだ存在していません。
そのため、処方されることが多くなっています。なお吸入することが難しい5歳児以下にはタミフルが使用されます。
タミフルは10代の子供に異常行動が見られたことからできるだけ使用しないようになっています。
そのため、10代の子供にはリレンザが使用されますが、リレンザにも異常行動を起こす可能性があります。
異常行動はインフルエンザウイルスが関係しており、ウイルスから体を守ろうと、免疫機能が過剰に働きます。
その結果、病原菌を排出するサイトカインという物質が増え、高サイトカイン血症を引き起こします。
脳の中では高サイトカイン脳症となり、精神障害や神経障害、熱性せんもうなどが起こります。
飛び降りたり、突然叫んだりしますが、多くの場合は睡眠中に起こります。
これらの症状はタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を服用しなくても出ることがあります。薬の影響は直接ないと考えられてますが、全くないかどうかはわかりません。そのためインフルエンザに感染した場合は、目を離さないことが大切になってきます。
異常行動はタミフルやリレンザを使用してから24時間以内に起こることが多いです。発熱が続いている時やリレンザを使用している時は高いところを避け、鍵はしっかりとかけるなど環境にも配慮するようにします。