インフルエンザは風邪薬ではダメ!リレンザ服用と休暇

冬は寒く体の血の巡りも非常に悪くなります。そことで体の免疫力は低下し、風邪などを引きやすくなります。多くの人が風邪だと信じ込み、市販薬の風邪薬でなんとか治そうと試みます。しかし一週間以上風邪薬を飲み続けても熱が取れなかったり、倦怠感や関節痛が酷くなる場合には、インフルエンザ感染を疑う必要があります。すぐさま医療機関を受診し、鼻の粘膜を摂取し検査をしてもらうことが大事です。検査の結果陽性で、インフルエンザだった場合にはすぐさま会社を休暇し、また学校を休んで療養に努めなければいけません。またインフルエンザは咳やくしゃみ、鼻水など感染者の飛沫によって人に感染させるリスクが高い感冒症です。そのため自宅でも部屋を隔離し、家族と出来るだけ接触しないように静養することが大事です。一般的にインフルエンザに感染した場合、医師は発熱が確認された日から5日程度休暇を取るように命じます。その5日の間には専門の治療薬であるリレンザ、もしくはタミフルの服用を指示されます。リレンザやタミフルを服用すれば肺でのウイルスの増殖が抑制されるようになります。しかしウイルスの増殖が抑制されても、感染者の咳による飛沫にはウイルスが一杯含まれているので、薬を服用して飛躍的にウイルスが減少する5日間は外出を控え他人との接触を避けなければいけません。また静養中には高熱によって脱水症状が見られることがあります。そのため治療中は水やお茶などを積極的に摂取する様にしなければいけません。特に経口保水液であれば失われがちな鉄分、ミネラルなども摂取できるので効果的であると言えます。発熱から5日が経過し、体調も回復傾向にあっても人に感染させてはいけないのでできるだけマスクを装着し、飛沫感染させないようにすることが大事です。