飛沫感染はプラズマ乳酸菌とリレンザで予防しよう

冬に人通りの多い繁華街を歩いたり、買い物をしているときに、周囲にいた誰かが自分の方に向けて、くしゃみや咳などを行うことがあります。
その人がインフルエンザに感染していた場合は、飛沫感染を起こしてしまうので、1~3日の潜伏期間ののちに発症し、38度以上の高熱が出たり、頭痛や筋肉痛、関節痛などの症状が起こります。
風邪よりも症状が重くて治りにくく、1週間ほどは寝込まなければならないこともあるので、外出するときはマスクや手袋を必ず付けるようにして、飛沫感染を防ぐようにしましょう。

ウイルス感染から体を守ったり、免疫を高める効果があるとして、最近注目を浴びているものにプラズマ乳酸菌があります。
プラズマ乳酸菌を摂取していたグループと、摂取していないグループでは、摂取していたグループの方が、風邪やインフルエンザにかかりにくいという臨床試験のデータもあるほどなので、高い効果を期待できます。
プラズマ乳酸菌を含んだヨーグルトは、スーパーや通販で購入できるので、インフルエンザ対策のため、家族みんなで普段から食べるようにしてください。
それでもインフルエンザになってしまった場合は、抗インフルエンザ薬のリレンザで対抗するようにしましょう。
リレンザは発症から48時間以内に使用すれば、インフルエンザウイルスが気道で増殖するのを抑えられるので、それほど症状が重くなることもなく、短期間で治ります。
リレンザは病院へ行けば処方してもらえますが、近隣にはないので交通費がかかるという方は、自宅からいつでも注文できるので便利な、個人輸入代行通販を利用するようにしましょう。
飛沫感染で起こるインフルエンザには、市販のプラズマ乳酸菌を含んだヨーグルトや、リレンザで対抗するようにしてください。