インフルエンザ患者へ!リレンザは48時間以内に服用

病院には出来るだけ行きたくないものですが、風邪よりも症状が重くなる、インフルエンザのような病気になると、早めに診察を受けないと、なかなか回復できなくなるので気を付けましょう。
インフルエンザを発症すると、38度以上の高熱がいきなり出て、顔は非常に熱くなるのに、体は寒気がしてたまらなくなりますし、筋肉痛や関節痛がひどいので、布団から出るのも辛くなります。
インフルエンザウイルスは12月~2月の空気が乾燥しやすい、寒い季節に爆発的に流行することが多く、その時期になると、各地の病院で患者さんが増えるので、そのうちの一人になりたくないなら、普段から予防をすることが大切です。
マスクや手袋をつけて外出し、帰宅したらすぐに手を洗ってうがいをするなど、空気感染や飛沫感染を防がなければなりませんが、そこまで気を付けていたのに、感染してしまった場合は、リレンザを使って治すことをおすすめします。
リレンザは発症から48時間以内に使用することで、効果を得られるインフルエンザ治療薬なので、出来るだけ早く始めることが大切です。
気道に多数存在するインフルエンザウイルスに、吸入剤を直接あてることで作用し、増殖を抑制することが出来るので、高い熱が出ていたとしてもじきに下がりますし、筋肉痛や関節痛も和らげられます。
ただし48時間を過ぎると、気道から全身にインフルエンザウイルスがまわってしまうので、ほとんど効果を期待することは出来ません。
48時間以内なら、インフルエンザ患者にとってこれほど良い薬はないので、寒気や頭痛のような初期症状があらわれたら、早めに病院で処方してもらうか、個人輸入代行通販で入手したリレンザを使うようにしましょう。